オリス ブランドストーリー ~ORIS BRAND STORY~

ORIS, Watch, 時計豆知識

ORIS Watch 時計豆知識

ORIS アクイス

こんにちは!
ウォッチブログを担当しています佐瀬雅晴です。いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます!

「オリス」にまつわるブランドストーリーをご紹介いたします。
栃木県小山市では「サロン・ド・サセ」が正規取扱店となります。

現在、数多くの有名腕時計のブランドは、巨大資本をバックに次々と買収がおき、大規模な提携グループがあります。有名どころでいえば、スウォッチグループ(ブレゲ、オメガ、ロンジンetc)・LVMH(タグホイヤー・ウブロ・ゼニスetc)・リシュモン(ヴァシュロンコンスタンタン・ジャガールクルト・パネライetc)などがあげられます。
これは時計業界に限った話ではありませんが、大
きな資本提携を結んで経営していくことは、あらゆる面においてスケールメリットが発生するためビジネス上はポジティブな要素が多いと言えます。一方で、グループ化していくことはそのブランドが大切にする“思想”や”こだわり”が形骸化してしまうデメリットもあります。

1904年に創設したオリスは、大手の企業グループに属することのない独立資本体制を維持しています(一時期大手グループに統合したが即脱退)効率的で自由な発想で個性を失うことなく、使いやすい機能を優先した商品開発は“スイス時計界の良心”とも称されるオリス。今回は、当店のお客様でもファンの多いオリスのブランドストーリーをお伝えいたします。

オリスの創設

オリス(ORIS)は、1904年スイス北西部の町ヘルシュタインを拠点として誕生しました。時計師ポール・カッティンとジョルジュ・クリスチャンは、工場設立にあたってこの美しい土地を選びました。ちなみに、「オリス」の社名は近くを流れる小川の名前にちなんだものです。水流を意味するケトル語の’Aurisa’とローマ語の‘Orusz’が語源です。1910年にはヘルシュタインに300人以上の従業員と住まいを抱えた地域最大の企業となりました。現在も創設当時の建物を使用し、ここから全世界に向けてオリスの時計が輸出されています。

ORIS HP より ポール・カッティン

オリスの哲学 ~Oris Philosophy~

オリスのモットーは「Go your own way
日本語に訳すと、「我が道を行け」でしょうか。スイスでも数少ない独立系機械式時計ブランドとしての生き様が表されている言葉ですね!
スイスの伝統に裏打ちされた技術と独創的で機能的な美しさを追求するオリスのものづくりへの哲学は、何世代にもわたる時計業界の変遷の中でも生き続けてきました。その変遷で生まれた真摯な時計作りを示す5つの哲学をご紹介いたします。

機械式
スイスウォッチブランドの中でも数少ない機械式時計メーカーであるオリス。機械式に特化したブランドとして、誇りを持ったウォッチメイキングをしています。

ORIS HP より

創業1904年
新しいムーブメント開発と新しい時計作りのための努力を惜しまない姿勢は長い歴史と伝統に裏打ちされています。
志の継承と努力の積み重ねが表されています。

ORIS HP より

 

スイスメイド
高い品質基準を保ち続けるオリスウォッチはすべての製品がスイスメイド。スイスメイドブランドは法律によって品質が保証されています。

スイス オリス

革新性
リーズナブルな価格で高品質な機械式時計を生み出すオリスの哲学を表現しています。理になかったデザインと機能性の追求が示されています。裏蓋から見えるレッドローターは、長年続く本物であることの印なのです。

ユニークな独立の精神
大手の企業グループに属することのない独立資本体制を維持しているからできる、効率的で自由な発想で個性を失うことなく、使いやすい機能を優先した商品開発をおこなっています。

オリスの個性

オリスは独立ブランドならではの個性があふれるブランドです。オリスから染み出す個性を紹介いたします。

①自社開発キャリバー

オリスのモットーでもある「Go your own way(=我が道を行け)」が表す通り、オリスのウォッチにはオリスのこだわりや高度な技術が備わっています。特に昨今話題となっているのが、自社キャリバーの開発です。1917年にcal.40でオリス初の腕時計用ムーブメントを開発して以降、多くの自社キャリバーを発表してきました。特に2014年以降は毎年のように新キャリバーを発表しており、2020年には大きな話題となったcal.400が発表されました。


5年の歳月をかけて、開発されたcal.400は、5日間にもわたるパワーリザーブとクロノメーターを超える日差-3~+5秒の正確性、帯磁性能を大幅に向上させた現代仕様のムーブメントです。そして、驚きなのが10年間推奨のオーバーホールサイクル保証という何とも修理屋泣かせ(笑)のハイスペック。しかもそれが、定価40万円台のウォッチに搭載されているというコストパフォーマンスの高さはオリスだから実現できるものでしょう。

ORIS アクイス

↑アクイスデイト キャリバー400

②ESGへの取り組み

ORIS HP より

ORIS HP より

数あるウォッチメーカーの中でも、オリスはESGに配慮した取り組みを顕著に行っている企業と言えます。また、同じ志を持つ者同士のネットワークを拡げて、「よりよい社会への変革」のため、いくつもの環境保全活動団体と共に地球を美しく保つ一助になるウォッチメイキングを行っています。例えば、再生PETプラスチック製で唯一無二のダイアルを持つ時計、アクイス デイト アップサイクル。PET樹脂のリサイクルプロセスで無作為な模様が生成されるため、1つとして同じ文字盤はありません。またよくありがちな限定モデルではなく、需要がある限り作り続けるというオリスの社会貢献への姿勢が垣間見えるモデルです。

 

ORIS ニューヨークハーバー リミテッドエディション

ORIS HP より

2022年に発表されたニューヨークハーバー リミテッドエディションは、ニューヨークハーバーに10億個のオイスター(牡蠣)を再生するという意欲的目標を掲げる非営利活動、「ビリオン・オイスター・プロジェクト」を支援するモデルです。このプロジェクトは2035年までに10億個のオイスター生態系を復元させる目標を掲げており、プロジェクトの推進に向けてニューヨークハーバー リミテッドエディションのアクイスを発表しました。オイスターシェルと港湾の水をイメージした、グリーンマザーオブパールのダイアルが特徴です。

 

オリスの人気シリーズ

 

アクイス

 

オリス アクイス

ORIS HP より

オリスのダイバーズウォッチラインであるアクイス。オリスがお好きな方であれば、必ず一本は持っているモデルかもしれません。オリスのダイバーズへの挑戦の歴史は長く、1960年代から開発を進め、1965年には1000m防水のダイバーズウォッチを製作していました。ダイバーズウォッチとしての機能はさることながら、基本的な防水性が30気圧からあるというのもアクイスの特徴です。プロフェッショナル仕様であり、タウンユースも間違いない堅牢性があるので、人気が高いようです。近年はラバーバンドとメタルバンドの付け替えも容易になってきており、楽しみ方のバリエーションも広がっています。また、2020年に発表されたキャリバー400が搭載されているモデルは非常に大きな話題となりました。価格は20万台からあり、豊富なバリエーションがあるのも魅力的です。

 

ダイバーズ65

ORIS HP より

アクイスと同じく、ダイバーズウォッチのラインであるダイバーズ65。1965年に発表されたダイバーズモデルから再解釈されて2015年に発表されたモデルです。アンティーク感のあるデザインが人気のモデルです。ダイバーズという名前がついていますが、防水性は10気圧ほど。ダイバーズとしての実用性よりもそのデザインで多くのファンがいるモデルかもしれません。ドーム型風防に目がない方にはたまらないモデルです。コットンキャンディーカラーのピンク、ブルー、グリーンやグラデーションカラーなど文字盤が良いアクセントになっているウォッチが多い印象です。ケース径も36~42まであるので、腕周りが補足的になるという方にもおすすめの一本です。

 

ビッグクラウン

ORIS HP より

オリスのプロパイロットの派生モデルとなっていますが、オリスの創成期からそのデザインが親しまれているモデルです。1930年~40年頃のヴィンテージウォッチからのデザインが踏襲され、オリスを代表するモデルとなっています。アラビア数字と視認性の高い針が特徴のシンプルで大き目のケース径が特徴である「ビッククラウン プロパイロット」、オリスが世界で初めて生み出した「ポインターデイト」が搭載されている「ビッククラウン ポインターデイト」の2つのタイプに大別されます。ポインターデイトは、文字盤の外径に印字された日付をY字型の針で指し示すことで日付を表すモデルで、代名詞となっているモデルです。

 

パイロットX

ORIS HP より

1900年初頭から続くオリスのパイロットウォッチの歴史を引き継いだのが、プロパイロットXシリーズ。後述するビッククラウン プロパイロットシリーズのハイエンドモデルといえます。自社キャリバーのキャリバー400が搭載されており、ケースバンドがチタン製となっています。サーモンピンクなどのカラフルな文字盤からフルスケルトンモデルまで発売されており、近年のオリスの技術が詰められたシリーズと言えます。

 

その他、オリスの時計はサロン・ド・サセのギャラリーページからご覧ください。

オリスの購入は正規販売店サロン・ド・サセへ
来店予約でギフトカード1000円分プレゼント!

特典① LINE会員で5%OFF

店頭でサロン・ド・サセのLINE会員にご登録いただければ、5%OFFでご購入いただけます。

特典② 最大20回まで無金利ショッピングローン

最大20回まで分割手数料無料のショッピングローンがご利用いただけます。※分割手数料は当店が負担いたします。

何かと出費が多くなる新生活のスタート。憧れのブランド腕時計を購入となるとなかなか踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。お小遣いを貯めて、購入資金を作ろうとされている方も沢山いらっしゃいます。

サセの最大20回無金利分割払いを利用すれば、月々のお小遣を活用しながら、今すぐ腕時計を購入いただけます。回数や毎月の支払い額も調整できますので、お客様のご計画に沿ってお支払いが可能です。

特典③ 時計専門店ならでは充実のアフターフォロー

ご購入いただいたお客様にメンテナンスカードをご用意し、無料のメンテナンスサービスをご用意しております。
サセでは『買って終わりではなく、大事な宝石時計を長くご使用いただくためのアフターフォロー』を充実させております。
当店は、店舗内に時計宝石専門の修理サロン「とちぎ時計宝石修理研究所」を併設しており、統計修理メンテナンスのプロが対応いたします。
詳しくはお電話(0285-25-4649)もしくは店頭スタッフまでご確認くださいませ。

とちぎ時計宝石修理研究所

 

【サロン・ド・サセ イオンモール小山店】
TEL:0285-25-4649

【とちぎ時計宝石修理研究所】
TEL:0285-30-3102

住所:〒323-0806
栃木県小山市中久喜1467-1 イオンモール小山2F

営業時間:10:00~21:00

お問合わせは、お電話、もしくはHPの
お問合わせ・来店予約フォームよりお願いします。

佐瀬 雅晴

常務取締役
CWCウォッチコーディネーター

関連記事

最近の記事

  1. フレデリックコンスタント カレ のオーバーホールをお預かりいたしま…

  2. エルメス Hウォッチ の電池交換、パッキン交換を承りました。

  3. ロンジン リール の電池交換。パッキン交換、ブレスクリーニングを承…

  4. クリスチャンディオール オクタゴン の電池交換、パッキン交換、バン…

Follow us

SHOP INFOMATION

Instagram

サロン・ド・サセ イオンモール小山店
TEL:0285-25-4649

サロン・ド・サセ イオンモール小山店
TEL:0285-25-4649

とちぎ時計宝石修理研究所
TEL:0285-30-3102

とちぎ時計宝石修理研究所
TEL:0285-30-3102

住所:〒323-0806
栃木県小山市中久喜1467-1
イオンモール小山2F

営業時間:10:00~21:00

栃木県小山市サロン・ド・サセ|婚約結婚指輪・宝石・時計・修理

〒323-0806 栃木県小山市中久喜1467-1 イオンモール小山2F

営業時間 10:00~21:00(無休)

【 サロン・ド・サセ イオンモール小山店 】
TEL:0285-25-4649

【 サロン・ド・サセ イオンモール小山店 】
TEL:0285-25-4649

【 とちぎ時計宝石修理研究所 】
TEL:0285-30-3102

【 とちぎ時計宝石修理研究所 】
TEL:0285-30-3102

栃木県小山市・下野市・栃木市・野木町、茨城県結城市・筑西市・古河市から多くのお客さまにお越しいただいています。