栃木県小山市の結婚指輪・婚約指輪&アニバーサリージュエリーと時計のお店 ロンジン、ハミルトン、オリスの正規販売店

創業100年。サセでときめきと感動をともに。栃木県小山市の婚約・結婚指輪(ブライダル)&アニバーサリージュエリーと時計のお店サロン・ド・サセです。ご婚約、結婚指輪をお探しの方はウェブでの来店予約がお得です。ウェブ限定の成約プレゼントをご用意してお待ち申し上げております。

問い合わせ・資料請求はこちらから イオンモール小山店 電話 0285-25-4649
ダイヤモンドへのこだわり

ダイヤモンドへのこだわり

 
高品質のダイヤモンドをお選びいただくポイントをご案内いたします。

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドには、その品質を表す4つのポイントがあります。それが4Cです。ダイヤモンドの鑑定書にはこの4Cが記されており、この4Cのランクによって、美しさや価格が変わってきます。もちろんダイヤモンドの価値は、この4Cだけで決まってしまう訳ではありませんが、ダイヤモンドの品質基準の目安になりますので、一通り、知っておきたいポイントです。
1.CUT(カット…プロポーション)
ダイヤモンドの4Cの中で唯一人間の手が加わるものです。カラットやカラー、クラリティはそのダイヤモンドが生まれながらにして持っている性質です。
 
それに対して、カットは人の手で行います。このカットによってそのダイヤモンドの輝きが決まると言っても過言ではありません。
 
最も一般的なカットは、原石を58面のファセット(面)でカットするラウンドブリリアントカットです。エクセレントからプアまで5段階のランクがあります。
・Excellent ・Very Good ・Good ・Fair ・Poor
2、CARAT(カラット…重さ)
カラットとは、ダイヤモンドやその他の宝石の重量を表す単位で、(ct)と表現されます。
1ctは0.2g、1gは5カラットの重さです。石の重量が重いほど、価値があるとされています。
一般的なエンゲージリング(婚約指輪)は、0.3〜0.5ctが多いようです。
3.COLOR(カラー…色)
無色透明のダイヤモンドがもっとも価値が高いと言われています。日本で主に使われているGIA(アメリカ宝石学会)の基準では、無色透明を最高級のDグレード。それ以降グレードが下がるにつれてEFGHと黄色味を帯び、Zまでの23段階のグレードがあります。
 
4.CLARITY(クラリティ…透明度)
クラリティは透明度の意味で、ダイヤモンドの表面・内部に存在している内包物の度合いを言います。もちろん内包物が少なければ少ないほど価値があるとされています。GIA(アメリカ宝石学会)の基準にもとづき、10倍の拡大検査を行い、内包物の大きさ、位置、数などによって11段階に格付けしています。

サロン・ド・サセのダイヤモンドは、厳しい基準をクリアした価値ある品質のものばかりです。
 

アイディアリープロポーション

 
◎エクセレントカットよりも厳しい基準でカットされる究極のカット
 
少々難しい話になりますが、1919年に数学者のマルセル・トルコウスキー氏がダイヤモンドの屈折率・臨界角・分散率といった光学的な特性を考慮して ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出せるカットを生み出しました。

これがアイディアリーポーションです。最もバランスの取れた58面体のラウンドブリリアントカットです。それぞれの寸法や角度が図のように きちんと定められています。

これらの角度や寸法が定められた通りにカットされることによって初めてダイヤモンドの輝きを100%引き出すことができるのです。

部屋の照明が多少暗くても、キラキラと揺らめく水面のような強い輝きを放つダイヤモンドは、アイディアリープロポーションでカットされた本当に輝くダイヤモンドなのです。

私たちサロン・ド・サセがお勧めするラザールダイヤモンドは、このトルコウスキー氏が生み出したアイディアリープロポーションを本物のダイヤモンドを使って実際に実現してみせた ラザール・キャプラン氏によって作られたダイヤモンドブランドです。今も世界的な権威であるGIA(アメリカ宝石学会)のマスターストーン(基準となる石)として使用されています。

5つめのC ~Character~

◎ダイヤモンドの美しさは4Cだけでは評価できません

ダイヤモンドの原石一つひとつには固有の性質があります。

ダイヤモンドひとつひとつには、言ってみれば生まれた時からもっている性質があります。マグマから生まれる時、ものすごくねじれてしまったり、逆に結晶がまっすぐ素直に育ったものなど同じ場所で採れたダイヤモンドの原石でもすべてその性質が違うのです。
ですから、4Cがまったく同じダイヤモンドでもその輝きが異なるのです。

いわばその原石が生まれながらに持っている個性=キャラクター(Character)があるのです。
私たちがお勧めする、世界で最も美しいと言われるラザールダイヤモンドは、いわば、4Cはもちろんこと、ダイヤモンド一つひとつの生まれもった性質が素直で輝きが強いものだけを選びぬいたブランドなのです。
ご存知でしたか? 
ダイヤモンドの輝きには3つの光があります。
 
ダイヤモンドの輝きには3つの種類があります。
ブリリアンシー、ディスパージョン、シンチレーションです。ブリリンアシーは、光がダイヤモンドの中に入り反射して出てきた輝きです。
ディスパージョンは分散光と言われ、ダイヤモンドの中に入ってきた光が、虹の七色に分散して光る輝きです。
シンチーレーションは、ダイヤモンドの表面でキラキラと輝く光のことです。本当に美しいダイヤモンドは、この3種類の輝きをとてもバランスよく放ちます。

ブリリアンシー50%、ディスパージョンが30%、シンチレーション20% 4Cのグレードの高さ、そして何よりそのダイヤモンドが生まれ持った性質。これらの条件が揃って初めて、ダイヤモンドならではの心が震えるほどの美しい輝きを放つのです。

私たちサロン・ド・サセがお届けするダイヤモンドは、そんなダイヤモンドたちです。

最高の輝きのために1

ハート&キュービッドは、
最高の輝きの証明ではありません
 
最高の輝きを放つダイヤモンドにはハート&キューピッド(アロー)が出ると表現されることが多くあります。もちろん、ハート&キューピッドは理想的なカットであり、なおかつシンメトリー(対称性)が理想的であるダイヤモンドでなければ見られない効果です。
 
しかしながら、最高の輝きを放つには、生まれや育ちがいい、最高品質の原石が必要です。
また、もしハート&キューピッドが出ている状態のダイヤモンドに擦り傷や黒点などが見つかった場合は最高の輝きは得られません。

よって、さらに研磨し最高の輝きを引き出すことがあります。結果として理想通りの輝きは得られますが、ハート&キューピッドが消えてしまうことがあります。つまり、ハート&キューピッドは理想的なプロポーションを表す要素ではありますが、最高の輝きと同義ではないのです。
 

最高の輝きのために2

アイディアリープロポーションと多面体カット
 
今世の中には、58面以上のファセット(面)を持つダイヤモンドがたくさんあります。中には100面を超えるものもあります。こうした多面体のダイヤモンドもまた美しい輝きを放つダイヤモンドです。たくさんのファセット(面)を持つダイヤモンドの輝きは、ダイヤモンドの3種類の輝きの中で、表面が繊細にキラキラ輝くシンチレーションが息をのむほど美しいのが特徴です。
反対に、ダイヤモンドの中から反射して輝くブリリアンシーやディスパージョンの輝きが弱くなるという性質もまた持ち合わせています。逆に58面体のアイディアリープロポーションのダイヤモンドは、多面体のダイヤモンドほどシンチレーションは強くないものの時に表面がキラキラ輝き、時に虹の七色の輝きを放つ…。
ダイヤモンドの3つの輝きをバランス良く放つのです。
 

フィニッシュ(ポリッシュ)への徹底したこだわり

理想のカット(プロポーション)とともに重要なのがポリッシュ(研磨)の技術です。
表面を磨く最後の仕上げは、その善し悪しで輝きにはっきりと差が出てしまいます。
私たちサロン・ド・サセが推奨するダイヤモンドは、ラザールダイヤモンドをはじめこのポリッシュが違います。
より滑らかな表面研磨のおかげで光が理想的な方向に反射し、100%の輝きを実現するのです。
 
電子顕微鏡によるポリッシュの表面写真
 
 
ウェブ限定 ご婚約・結婚指輪来店予約特典
 
 
 
ラザールダイヤモンドのアニバーサリージュエリーコレクションをご案内します。
詳しくはこちら→